鹿島学園について

鹿島学園MSG校の特徴・魅力

鹿島学園高等学校連携MSGグループ校の一番の特徴は、クラス制の「登校」中心型の通信制というポイントです。
一般的な通信制ですと、「好きな時間にきて、自分の都合に合わせて帰宅する」ので、どうして友人が作れなかったり、サークル活動に支障が出てしまいます。

しかしMSGグループ校は登校を中心とするので「クラスで授業を受けて、クラスの仲間がいる」、そんな通学スタイルなのです。
また文化祭や部活、体育祭修学旅行などもありも充実したスクールライフを過ごせること間違いなし。

ほかにもテーブルマナー教室や、コミケ参加、ビジネスショウ見学会、アミューズメントショウ見学会、進路フェスタ、進学フェア、またホビーショウ見学会、進学や就職をきちんと見据えたキャリア教育と指導、海外留学、進学相談会会場として大学、短大、専門学校、企業などが参加したり、あなたの将来のための人生設計(キャリアプラン)の実現と、そのサポートのために様々な抗議やチャンスがMSGには盛りだくさん。
一般的な全日制高校はもちろん、一般的な通信制高校とも。一味もふた味も違う、そんなとても魅力的な高校、それが全日制通信制MSGグループなのです。

通信型と登校型通信制の違い

鹿島学園高校MSG本校は、登校型通信制の学科(総合コース・特進コース)を持っていますが、普通の通信制とは指導スタイルが違います。
まず、通常の通信制は自宅学習が基本となり、年に数回の指定スクーリングなどが参加の条件となります。
MSGグループは全日制普通科高校と同様に「登校」して学習する形です。

他の通信制の高校は、生徒の登校に関しては、自由となっており、スクリーングに関しても、「面接指導」という形での登校に関して、生徒の自主管理が要求されます。さらに、生徒の登校がまちまちで、なかなか級友とのコミュニケーションが取れない・学校行事を組みにくい・行事参加率が低いのでイベントや行事が少ない、などが難点といわれていますが、MSGは「登校型」かつクラス制を導入していますので、級友と一緒に学ぶ形をとることができます。

MSGグループでは多感な高校時代に、友人を作るということも高校生活では重要な内容と考え、1クラス25名前後で比較的少人数での学習指導を行っています。中学内容の復習・高校内容の復習の授業も行っていますが、この授業は集団一斉授業という形をとっています。サポート校とは違いますので自由な時間に出入りは出来ませんが、「けじめ」のある生活で、卒業を目指すのが登校中心の通信制、MSGスタイルです。

鹿島学園 MSG校 5つの特徴
1.卒業証書は全日制のものと同じ
学校法人鹿島学園高等学校通信制は、茨城県の全日制高校が運営母体の高校です。
だから卒業証書は【全日制】と全く同じ鹿島学園高等学校のものです。
2.登校型通信制の学校として、3年間で卒業
どんな生徒も3年間で卒業を目指します。
一般的な通信制では自宅でレポートをやり「提出」 → 「定期テスト」 → 「卒業」sですが、MSGの登校型通信制では、週1日~登校して総合的学習指導を受けるため、単位認定テスト対策は万全です。
3.MSG校は他の通信制と違い、遠方でのスクーリング等がない
他の通信制とは違い、他地域のスクーリングはないので、遠くまで通わなければいけないといってことがありません。(町田・横浜にて実施中)
4.総合コース・特進コースは1クラス25名程度の少人数クラス編成
1クラス25名以下のコースなので生徒一人ひとりにしっかりと目が届き、手厚いサポート体制を実現します。
さらには級友がいることで一緒に学ぶことができ、友人としても受験のライバルとしても通常の通信制ではない素敵な関係が作られます
5.日本全国の私立の通信制でも通いやすい学費(2017年現在MSG調べ)
キャンパス案内

MSGグループの理念

「希望に溢れる明るい未来へ両手に一杯の夢を抱いて羽ばたこう」をモットーに我がMSGの学院生は日常生活の中から自らテーマを見出し、自己の無限の可能性を追求し、挫折や失敗を乗り越えて創意工夫に情熱を注ぎ、新たな自己を発見して日々成長を続けています。

さまざまな個性を有し、いろいろな進路を経てMSGに学ぶ多くの仲間たちは時には異なる意見をぶつけあい、自分の個性を自覚するとともに、その相違を認め、お互いの存在を大切なものと考えることから社会性を身に着けていきます。

文化祭や林間学校、サークル、修学旅行などを通じて協力の精神を養い、互いに切磋琢磨し友情を育み、一生涯の友に巡り合うこともできます。
MSGキャンパスでの高校生活は将来の“夢のゆりかご”、学習に励むだけでなく実社会との様々な接点を通じて自分に適した将来の姿を描き、就職や進学へと最適な進路を見出すことができます。

MSGグループ 学院長
諏訪間 茂

MSG相模原は、2011年に神奈川県相模原市に開設され、2012年度より第1期生を受け入れ開始した新しいタイプのキャンパスです。登校を主体とした各コースを含めた、4つのコースで、次のような教育方針に基づいて開設された学校です。

1.生きる力を養う 2.オンリーワンの人材の育成 3.汎用性に富む人間育成 3年間で無理なく卒業させることはもちろん、上記の方針で教育指導を行う学校です。学力の向上はもちろんのこと、生徒個人の性格を考え、何が必要かを思考させる「キャリア教育」も行っています。「躾」に関しても、社会に貢献できる人材育成として「地域への貢献」を行っています。地域清掃活動などの「無償の行為」を積極的に生徒に行ってもらうなどを通して、「目に見えない地道な行為の大切さ」も人格形成には重要とMSGグループでは考えています。 また、関係者皆様のお力添えにより、生徒増に対応する形で、2013年度からは分校として 「相模原南キャンパス」分校 を開設させていただきました。

また、2015年7月からは、待望の新キャンパス「MSG二俣川」を開校する運びともなり、ますます様々な地域の方々に、MSGの理念に基づく運営と、安心して登校できる場を提供できるようになりました。 高校卒業後の進路については、個人で様々なことが考えられるので、卒業後進学をしても、社会に出ても、社会に役に立ち、そして同時に個性を発揮できる人材を育成するのがMSGグループの使命と考えています。

MSGグループ キャンパス長
村上 望

キャンパスの様子

建物内

MSG相模原は現在3階建てビル。各フロアごとにラーニング教室があり、また、視聴覚教室・IT教室もあります。相模原南キャンパスは3教室あります。MSG二俣川は、4階建てのビルで、教室数は7教室、多目的室兼講堂1となっています。

MSG相模原キャンパス
〒252-0231
神奈川県相模原市中央区相模原3-8-18
MSG二俣川キャンパス
〒241-8799
神奈川県横浜市旭区二俣川1-45-69
相模原南キャンパス
〒229-0016
神奈川県相模原市南区当麻1323-1
行事

修学旅行は2年次後期~3年次の5月までの間に行きますが、行先は入学時に生徒に行先希望調査を行い決定します。現在までは主に沖縄に行っています。体育は、MSGグループにグラウンド・体育館が常備はしていませんが、公的な体育館・グラウンドを定期的に借用し行っています。体育は高校必修教科ですので、約2週間に一度、まとめて指導しています。また、進路先ガイダンスを各学年ともに年に最低2回行い、進路について考えさせるチャンスを用意しています。球技大会・文化祭、さらに大学・短大等進学相談会もMSGグループ単独で行っており、「一般的な全日制高校」となんら変わらず3年間を過ごすことができます。年に1回以上校外学習 を行っており、レクリエーションの一環として「東京ディズニーリゾート」にも訪れています。また、普段と違った環境で学習を行い、学習に関してのモチベーションを上げるため、年に2回の「学外学習」も行っております。

サークル活動

MSGグループでは部活動の代わりに「サークル活動」を生徒主体で行っています。2012年度より開校しておりますので、まだまだこれから生徒自身にサークル開設の余地があります。活動場所は、そのサークルによってまちまちです。

出身中学・高校名

  • ◆中学・神奈川県相模原市
    内出中学 大野台中学 旭中学 相原中学 鵜野森中学 中野中学 上溝中学 大沢中学 緑ヶ丘中学 共和中学 小山中学 弥栄中学 相模台中学 麻溝台中学 大野北中学 相陽中学 中央中学 上溝南中学 清新中学 田名中学 相模丘中学 由野台中学 串川中学 鳥屋中学 新町中学
  • ◆中学・東京都八王子市
    みなみ野中学 宮上中学
  • ◆中学・神奈川県大和市
    渋谷中学 つくし野中学
  • ◆中学・神奈川県横浜市
    南希望が丘中学 西谷中学 錦台中学 新井中学 岡津中学 いずみ野中学 原中学
  • ◆中学・神奈川県川崎市
    南菅中学 西生田中学
  • ◆中学・東京都町田市
    小山中学   つきみ野中学 薬師中学
  • ◆中学・神奈川県海老名市
    柏ケ谷中学
  • ◆中学・神奈川県愛川町
    愛川東中学 宮が瀬中学 愛川中学 愛川中原中学
  • ◆中学・神奈川県座間市
    相模中学
  • ◆中学・神奈川県藤沢市
    湘南台中学 六会中学
  • ◆中学・千葉県館山市
    館山第1中学
  • ◆中学・静岡県磐田市
    福田中学
  • ◆私立中学
    湘南学園 日本女子大付属中学 櫻蔭中学 日大第三中学 神奈川学園中学 高校
  • (転入元) 「公立高校」===============================
    ◆茨城県
    竜ヶ崎南高校
  • ◆東京都
    富士森高校 野津田高校 北豊島工業高校
  • ◆神奈川県
    県立厚木高校 県立相模原高校 県立津久井高校 県立厚木清南高校 県立相模向陽館高校  県立愛川高校 県立神奈川総合産業高校 県立相模田名高校 県立綾瀬西高校 県立上鶴間高校 県立城山高校
  • ◆沖縄県
    県立豊見城高校
  • 「私立高校」===============================
    ◆東京都
    桜美林高校 東海大付属望洋高校 錦城高校 帝京高校
  • ◆神奈川県
    武相高校 光明学園相模原高校 八洲学園高等学校 あずさ第1高等学校 東海大望洋高校 横浜アカデミー高等部 岩谷学園 サレジオ高専 立花学園 向上高校 星槎国際高校
  • ◆福岡県 福岡第1高等学校 

在籍生徒数(2017年4月現在)

MSG相模原キャンパス
  • 高校1年生:54名(3クラス編成)
  • 高校2年生:66名(4クラス編成)
  • 高校3年生:80名(5クラス編成)
  • 全学年合計:200名
MSG二俣川キャンパス
  • 高校1年生:2名
  • 高校2年生:13名
  • 高校3年生:4名
  • 全学年合計:19名

近年の進学実績(過去3年間)

大学

東工大学・明治大学・東京理科大学・青山学院大学・中央大学・和光大学・多摩大学・東海大学・桜美林大学
などのGMARCHSにも合格

短大

美容系・保育系・福祉系に多数合格

専門学校

保育系・自動車整備系に多数合格

就職先

企業多数(24社2016年現在)

生徒のキャリアプランの実現のために生徒一人ひとりに「キャリア・コンサルタント」が付きしっかりとサポートしていきます!
専属の「キャリア・コンサルタント(厚生労働省認定)」がいるのはMSGだけ!!

1年の流れ

4月

入学式 ・ オリエンテーション
高校三年生 修学旅行

5月

球技大会
進学フェア(高3)

6月

大学・短大・専門学校等体験授業

7月

学力模試

8月

学外授業
夏休み
有志による校外学習(各種イベント)

9月

前期期末試験

10月

校外学習
球技大会

11月

各種検定試験実施
文化発表会等

12月

球技大会
冬休み

1月

高3後期期末試験

2月

学外学習(短大・大学・専門学校等見学)
高校2年生 修学旅行予行演習

3月

高1・2後期期末試験
卒業式

制服について

MSG相模原制服

MSG相模原「だけ」のオリジナル制服は、他の鹿島通信制キャンパスや他校の生徒からも購入を希望されるほどの人気となっておりましたが、2015年度新入学生より、男女ともに制服をさらに「フルモデルチェンジ」いたしました。

在校生からも要望があった女子の「赤系のチェックスカート」、また、既存の紺系のチェック柄スカートの発展形として「グレー地にパープル系のチェック柄」を採用。また2014年度生より採用した「青系のチェック柄スカート」と合わせ、3色すべて出そろいました。

女子のスカートは合計3色の中から、男子も2色の「グレー系の細いチェックが入ったスラックス」を採用し、またブレザーは現在の「3つボタン」から「2つボタン」へ変更するとともに、今まで同様「紺ブレザー」「チャコールグレー系」の2色を用意しています。

胸元のエンブレムもデザイン・色ともに大幅にモデルチェンジ。スクールカラーとなるグリーンを基調とした、気品あるエンブレムがより一層の学校への帰属心を高めます。

制服全体としては、実用性も兼ね、そしてプライドを持って登校ができるデザインのものになりました。
また、男女共用のネクタイも一新。オリジナルデザインのネクタイとなっています。また、女子のリボンも2色ともに一新しました。インナーは、シャツ・ブラウスともに5色から選択ができ、また、カーディガン、ベストも各3色からチョイス出来るようになっています。

体操着はMSG専用のものがあります。

MSG二俣川・分校制服

MSG二俣川、及び相模原南キャンパスの制服は、ジャケットは男女ともに紺色とチャコールグレーの2色があり、男子のスラックスもグレー系で2色あります。また、女子のスカートも2色あり、どちらか選択ができます。分校の制服も、男子女子兼用のネクタイが2色、女子用としてリボンタイが2色用意されています。毎日のコーディネートが楽しくなる、そんな制服を用意しています。

MSGグループの生徒のみが着用できるもので、「他の鹿島学園通信制キャンパスとは一切関係がありません」ので、制服業者様へのお問い合わせや購入は出来ません。お問い合わせはご遠慮ください。